サプリメントで摂取する

健康維持には不可欠です

サプリ

人間は自分の体を維持していくためにはさまざまな栄養素が必要ですが、アミノ酸もその中の重要な栄養素の一つです。
アミノ酸は体内に吸収されると、その多くは体内でたんぱく質に再結合されます。
その後、新陳代謝によって新しい細胞が生まれるための材料となって消費されていきます。
消費されなかったアミノ酸は、身体の隅々に行き渡って健康になるための力を発揮します。
たとえば、アミノ酸は睡眠状態を改善するのに役に立っています。
神経を落ち着かせて睡眠の質を高める効果がありますし、その他にも肝機能を向上させる働きがあります。
肝臓は体内に溜まった老廃物を排出させる機能を持っていますが、アミノ酸はこの機能を助けて体を活性化させてくれます。
また、肌の保湿成分を補ったり、関節を保護するためのコラーゲンを生成促進する効果もあります。
人間の体は加齢とともに肌が衰えたり、関節機能に衰えが生じてきますので、アミノ酸の摂取は年齢を重ねるほど、その重要性を増してくるのです。
また、アミノ酸は疲労の回復や免疫力の向上に役立っています。
アミノ酸サプリメントは数多く販売されていますが、それではいつ摂取するのがいいのでしょうか。
まずは朝食前です。
これはその日のスタミナをチャージするために有効で、空腹時の方が栄養を吸収しやすいからです。
また、筋力トレーニング等を行っている人はその前後30分が吸収しやすいと言われています。
そして就寝前です。
成長ホルモンは就寝中にもっとも分泌され、アミノ酸がそれを促進してくれるのです。
普段の食事からだけではなかなか摂取しにくいアミノ酸ですが、サプリメントで補えば健康維持には大変有効のようです。

摂取したい栄養素

栄養補助食品

筋肉を鍛えたいと考えた時、トレーニングをして筋肉を付ける事はとても大切です。
ですがトレーニングだけをしているよりも筋肉をよりアップさせる為のアイテムを併用したほうが筋肉アップに効果的と言えます。
そこで重要視されているのがアミノ酸です。
効率良く良い筋肉を付けるためにはアミノ酸の摂取はとても重要です。
筋肉はタンパク質が元となって出来ているものです。
筋肉を付けたい時はもちろん、疲労回復や筋肉が傷ついてしまった時の修復にもタンパク質は欠かせません。
そこで必要になるのがアミノ酸で、アミノ酸の中にはBCAAという筋肉のエネルギー源として効果を発揮してくれます。
これは筋肉を構成しているタンパク質の2割ほどを占めていて、筋肉トレーニングの効果をアップさせたり、疲労回復をサポートしてくれるので、トレーニングの際に摂取すると良いでしょう。
摂取するタイミングも重要なポイントで、アミノ酸を体内に取り入れて30もすると、血中濃度がピークに達すると言われている程、吸収率が良いので筋肉トレーニングを始める30分前を目安に摂取すると良いでしょう。
それにより、筋肉トレーニングをしながらアミノ酸を体に吸収できて、トレーニングの最中に血中濃度をピークに持っていけるというメリットがあります。
他にもトレーニングの最中に消費されてしまうアミノ酸を補給できて、筋肉が分解されてしまうのを抑制できる効果も期待できます。
またトレーニングの疲労も軽減できるので、トレーニング前にアミノ酸を摂取する事で、より筋力アップに近づく事が出来ます。

何を食べれば十分か

サプリ

人が必要とするアミノ酸は全部で20種類ありますが、この中で人が作れるものは11種類しかありません。
つまり、他の9種類は外から摂取しなければならないということです。
アミノ酸は体を作る原料であり、またエネルギー源でもあるため、欠けてはなりません。
そして、それを摂るにはサプリメントだけに頼るのではなく、食事で効率よく食べるのが一番です。
体で作れないアミノ酸のうち筋肉の合成に関わるのは、バリン、ロイシン、イソロイシンです。
バリンはマグロの赤身やチーズから得られ、マグロ1切れで200mg程含まれています。
ロイシンはカツオや鶏胸肉から得られ、カツオ1切れで250mg程摂れます。
イソロイシンは豚ロースや卵から得られ、卵1個に320mg含まれています。
よって、筋肉をつけたいならお刺身やユッケを食べましょう。
またこれらのマグロ、カツオ、卵を食べると、神経伝達物質に関わるトリプトファン、ドーパミン放出に関わるフェニルアラニン、白血球を生成するヒスチジン、成長を促すスレオニンも摂ることができます。
これら全てを十分量体に入れるには、マグロとカツオの刺身7切れと卵3つくらいが望ましいです。
そうするとそれら全てのアミノ酸が1000mg以上摂れます。
またこれでは補いきれなかったメチオニンとリジンは、大豆系の食べ物から得ることができます。
豆乳1杯や豆腐1個を食べることで十分な量を得ることが出来るので、これも日々の食事に取り入れると良いです。

うまいものには裏がある

婦人

痛風のもととなる尿酸、高めの尿酸値が出た人は尿酸値を下げるサプリを飲みましょう。アンセリンやカリウムが含まれるサプリがそれにあたります。食後、内蔵が活発な時に水で飲むのが最も効率的な飲み方です。とくに水で飲むことは重要で、水以外で飲むと効果が落ちることがあります。

もっと読む

目の健康のためにおすすめ

女の人

デジタル機器を使う時間が長い私たちは目が疲れやすい環境にいます。最近目が疲れていると感じている方には、ビルベリーのサプリが適しています。ビルベリーにはアントシアニンが豊富に含まれており、目の健康には欠かせません。抗酸化作用もありますので、目の健康だけでなく、老化防止や美肌効果も期待できます。

もっと読む

身体を構成する大事な要素

サプリ

人体の6割を構成するのが水分ですが、その次に多いのがアミノ酸が連結することで構成されるタンパク質です。つまり良質のアミノ酸をバランス良く摂取することが、健康の維持及び増進にとって大きなポイントであるということです。

もっと読む